生活文化学科 生活文化専攻 情報ビジネスコース

生活文化専攻 情報ビジネスコース

秘書検定試験

生活文化専攻
秘書検定を受験しました。

 

秘書検定とは・・・
http://jitsumu-kentei.jp/HS/about/contents

「人柄」のいい人とは、その人と会ったとき「感じがいいな」と感じられる人のことです。

秘書検定の5領域
1.必要とされる資質
秘書の仕事は上司の身の回りの世話や仕事の手助けです。それを適切に実行するための感覚、
判断力のようなものが秘書の資質ということです。変則的な来客をどのように取り次ぐかなどの判断、
上司が何を望んでいるかなどを察して対応する気の利かせ方などが問われます。

2.職務知識
上司の留守をどのように預かるか。上司の仕事をどのように手伝うかなど、秘書特有の仕事の仕方について問われます。

3.一般知識
秘書はビジネスの場で仕事をします。そのためには、上司や身の回りの人が話す言葉が理解できる必要があります。
とはいっても大げさなことではなく、上司の仕事を手助けするためにはこのくらいは知っていなくてはという、
社会常識的な範囲で主に経済用語が問われます。

4.マナー・接遇
ビジネスの場では礼儀作法をビジネスマナーといいます。マナーは対人関係では欠かすことのできないものです。
上下関係のある人の集まりである職場では、ビジネスマナーを心得ていないとその一員にはなれません。
目上の人(上司・先輩・来客など)にはどのように接すればよいか、対人関係の基本となる言葉遣い、
来客にはどのようにお茶を出すか、社交常識(主に弔事・慶事)などについて問われます。

5.技能
ビジネスの場で必要な文書、ファイリング、事務用品、会議などについての初歩的な知識、用語。
また、オフィスの環境整備について常識的なことが問われます。