学科案内

学科案内

生活文化専攻 情報ビジネスコース

在校生の声

生活文化学科 生活文化専攻 1年 中渕さん
企業で必要になるスキルが身につけられます。
生活文化学科 生活文化専攻 1年 中渕さん
卒業と同時に取得できる資格が多いことと、オープンキャンパスに参加したとき、先生と学生との距離の近さを実感したことから、入学しようと決めました。秘書業務に関する授業では、敬語の正しい使い方やお辞儀の角度など、企業で欠かせない大切な知識や技能を身につけることができました。またアルバイト先でも電話対応の知識を活かせるなど、実生活でも役に立つ授業ばかりです。

生活文化学科 生活文化専攻 2年 丹下さん
実践的な学びでコミュニケーション力も高められました。
生活文化学科 生活文化専攻 2年 丹下さん
卒業研究では、薬局でのマルシェや健康講座、小学校での多様な学習活動支援事業など、さまざまな年代の方に向けてのイベントや講座の企画、実施を行いました。はじめて行ったマルシェでは緊張からか、来てくださったお客様とうまくお話をすることもできませんでした。しかし、さまざまな課題を通して、人前で緊張することなく発表することや、物事を相手に的確に伝えたりすることができるようになりコミュニケーション能力も高められました。チームの一員として、ひとつのことをやり遂げる達成感を学生時代に経験できたことは私の宝物です。

内定者・卒業生の声

西本さん(平成27年度卒業)
特に資格取得には力を入れてきました。
ぎふ農業協同組合 内定
西本さん(平成27年度卒業)

就職活動で役に立ったことは、在学中に数多く資格を取得したことです。私の場合、高校時代から資格取得に力を入れていましたので、履歴書の資格欄にたくさんの資格名を書くことができ、それが内定にも繋がったのだと思います。また、事前の面接練習では先生方に面接官役をやっていただき、本番同様の設定で練習することができました。そのおかげで面接時には緊張することなく臨めました。

滝川さん( 平成26年度卒業)
責任感もやりがいも大きな仕事です。
株式会社八神製作所 勤務
滝川さん( 平成26年度卒業)

医療機器や福祉用具を扱う商社で、商品の入庫・在庫管理や受注・発注作業などを担当しています。自分が発注した商品が翌日の手術で使用するものだった場合、ミスをすると患者さんの命に直結しますので責任も大きいのですが、それがやりがいにも繋がっています。大学時代に身につけたワードやエクセルの知識は今の仕事に活きています。またビジネスマナーや敬語の使い方など、秘書実務の授業で学んだことも、とても役立っています。