学科案内

学科案内

生活文化専攻 情報医療コース

特徴

医療事務のスペシャリストをめざせます。

医療人として働くための実践力を育成
医学の知識から医療事務、医事コンピュータ、電子カルテまで、医療の現場で即戦力となる知識や技能を習得します。また病院実習や薬局での実習のほか、演習室の受付カウンターでロールプレイを繰り返し行い実践力を身につけます。

ホスピタリティマインドを学びます。

ホスピタリティ ~やさしさ・思いやり~
患者さんに対応するための、真心のこもったホスピタリティやコミュニケーションについても学びます。また茶道の授業では作法や立ち居振る舞いも身につき、恒例の福祉施設や大学祭でのお茶会は、毎年、多くの方々に喜ばれています。

ワンランク上の医療事務をめざせます

ワンランク上の医療事務をめざせます
医師事務作業補助演習

医師事務作業補助者とは、医師が行う業務のうち、事務的な業務をサポートする職種です。医療秘書や医療クラーク、メディカルアシスタント(MA)などと呼ばれています。診断書や診療情報提供書(紹介状)など「医療文書の作成代行」、医師の診断に同席し、電子カルテなど「診療記録への代行入力」、カンファレンスの準備や省令登録などの「医療の質の向上に資する事務作業」。厚生労働省などに報告する診療データの整理など「行政への対応」などがあります。実際に病院に勤務されている方から実務を学びます。医師に信頼される、コミュニケーション力を身につけた、ワンランク上の医療事務をめざせます。