学生VOICE

在学中の挑戦

栄養指導のできるインストラクターとして健康を支えたい

新体操をしていたころ無理な減量をしていた経験から、栄養と運動の両方が学べる愛知文教女子短期大学へ。栄養士を目指しながら、エアロビックダンスエクササイズインストラクターの検定にも合格し、オープンキャンパスでは実際にエアロビの指導も行いました。知識と技術を修得し、頼られるひとになりたいです。

在学中の挑戦

たくさんのひとに喜んでもらえるような栄養士を目指して

献立作成から調理、提供までを、大量調理機器を使って行う給食管理実習や、社会に必要とされている食物アレルギー演習など、実践的な授業が多くあります。特に臨床栄養学実習で、指示された栄養量を守りながら納得のいく献立ができた時の達成感は特別でした。栄養士の資格取得に向けて、しっかり知識が身につきます。

卒業生VOICE

卒業後の挑戦

教育実習でともに過ごした
子どもたちの笑顔が将来の決め手に

学生時代の一番の思い出は教育実習。この経験を通して、少しでも子どもたちの役に立つ仕事がしたいと決意しました。現在の勤務先では、午前中に調理を終えたら配送校へ向かい、配膳作業や片付けなども担当。毎日、子どもたちに給食についての一言を話す時間があり、教育実習での経験が役立っています。

技研サービス株式会社勤務
棚橋 愛以さん
生活文化学科 食物栄養専攻 2018年3月卒業

卒業後の挑戦

病院栄養士として仕事に誇りを持ち
どんな現場でも必要とされる人に

先生の紹介で職場見学をさせてもらったことが就職のきっかけ。入院患者様にお礼の言葉をいただけると励みになります。今は、次の目標である管理栄養士免許の取得へ向け奮闘中です。

JA愛知厚生連 豊田厚生病院勤務

川島 沙彩さん
生活文化学科 食物栄養専攻 2017年3月卒業

奥田 真奈さん
生活文化学科 食物栄養専攻 2018年3月卒業

卒業後の挑戦

年齢や体質に合わせた
安心とおいしさを提供したい

学生時代に経験した「みんないっしょのクリスマス」で、たくさんの方に「ありがとう」と言ってもらえたことが印象に残っています。就職した今も、園児の声を直接聞ける環境がやりがいに。安心して食事を楽しんでもらえるよう、給食や手作りおやつの提供のほか、準備期からの離乳食にも対応しています。

中村保育園勤務
栗林 純里さん
生活文化学科 食物栄養専攻 2018年3月卒業