幼児教育学科

News&Topics

お知らせ

教育方針と目標

あらゆる子どもに対応できる保育者を育成します。

子どもの発達段階や体質、家庭環境や興味は、一人ひとり違います。さまざまな個性を持つ子どもたちとどう関わり受け止めていくか。そこには保育者として、たくさんの引出しを持ち、子どもだけでなく保護者にまで配慮する視点が求められます。本学科では、実践的なカリキュラムを通じて、実力と豊かな教養を身につけ、生涯にわたり活躍できる保育者の育成をめざします。