学科案内

学科案内

幼児教育学科

在校生の声

幼児教育学科 第1部 1年 竹内さん
オープンキャンパスに参加して「私も入学したい!」と思いました。
幼児教育学科 第1部 1年 竹内さん
オープンキャンパスに参加したとき、学生も先生方もすごく楽しそうでキラキラしていたことが印象的で、「私もここで学びたい」と思い、入学しました。後期からは総合表現(オペレッタ)の授業が始まり、クラスみんなで2年次に発表するオペレッタに向けて一生懸命に取り組みました。先輩方のオペレッタを観たときはすごく感動し、「1年後は私たちもこうなりたい!」と決意を固めました。

幼児教育学科 第1部 2年 小島さん
ピアノ初心者でも2年間でしっかり上達できます。
幼児教育学科 第1部 2年 小島さん
ピアノの授業では、一人ひとりのレベルに合わせて教えていただけるので、ピアノに不安のある人でも2年間で自信を持って弾けるようになります。また実習先で出される課題曲についても、きめ細かく指導していただけるので安心です。保育・教職実践演習ではエプロンシアターやペープサートなど、クラスメイトの作品を見ることで刺激を受け、自分自身の次回の作品づくりにとても役立ちました。

幼児教育学科 第3部 1年 中垣さん
現場で活かせる学びができて楽しいです。
幼児教育学科 第3部 1年 中垣さん
幼い頃からピアノとダンスを習っていたので、自分の得意分野を活かしたいと思い入学しました。幼児体育の授業ではダンスやパラバルーンなど、実際に保育の現場で活かせる学びができて楽しかったです。またピアノの授業では、先生にとても丁寧に教えていただきました。ピアノのテストでは、スーツを着てみんなの前で演奏し、就職試験のための良い経験になりました。

幼児教育学科 第3部 2年 熊澤さん
きめ細かなサポートで有意義な実習になりました。
幼児教育学科 第3部 2年 熊澤さん
実習に丁寧に対応していただけることは、文教女子の大きな魅力です。特に初めての実習では、誰もが緊張や不安でいっぱいになると思いますが、授業のなかで実習を終えた先輩方から話を聞けたり、相談に乗ってもらったりできます。実習が終わった後も、先生方が1 人ひとり親身になって面談してくださるなど、実習前から実習後まできめ細かくサポートしていただけます。

内定者・卒業生の声

石川さん 第1部(平成27年度卒業)
実践的な学びが就職活動でも役立ちました。
社会福祉法人 かやの芽福祉会 かやの木保育園 内定
石川さん 第1部(平成27年度卒業)

2年次の6月に、この園で保育実習をさせていただいたとき、保育のねらいに沿った園での生活や、職員の方々の雰囲気に惹かれ、「ここで働きたい!」と強く思いました。授業で制作したエプロンシアターの内容が園の先生方に高く評価されたことも、内定に繋がったのだと思います。また大学時代に、年齢に合わせた絵本や遊びについて学べたことは、実習はもちろん就職活動でもとても役に立ちました。

柴田さん 第1部(平成26年度卒業)
子どもたちの成長を見ると嬉しくて感動します。
認定こども園 葵第二幼稚園 勤務
柴田さん 第1部(平成26年度卒業)

現在、3歳児の担任をしています。登り棒やジャングルジムなど高い遊具やトイレでの排泄など、一緒に取り組んでできるようになったときは、本当に嬉しくて感動します。さまざまな行事があり、忙しく毎日を過ごしていますが、それ以上に子どもたちが応えてくれるので、やりがいも大きいです。私の場合、大学入学の1か月前からピアノを始めたので不安でいっぱいでしたが、先生方の分かりやすい指導のおかげで、卒業までにいろいろな曲の弾き歌いができるまでに上達しました。

貝沼さん 第3部(平成26年度卒業)
実習で経験したことは今でもとても役立っています。
多加良浦保育園 勤務
貝沼さん 第3部(平成26年度卒業)

保育園で2歳児クラスを担当しています。最近では、はさみの一度切りを取り入れた制作に力を入れています。子どもたちが少しずつ喋れるようになり、「貝沼先生」と初めて呼んでもらえたときはとても嬉しかったです。大学時代の実習での経験は、とても役に立っています。いろいろな考え方を持った先生に出会えたことは本当に勉強になりました。今でも時々、実習日誌を読み返して自分の足りない部分を再確認したり、自分を見つめ直すヒントにしたりしています。