大学案内

大学案内

教育目標

幼児教育学科 (第1部・第3部)

子どもの健やかな育ちを支える幼児教育・保育に関する専門的知識、技術を身につけた保育者を養成する。さらに、教育理念である「正・明・和・信」の心を持ち、豊かな教養を身につけた保育者として社会に貢献できる人材を育成する。

生活文化学科

幅広い教養と生活に関わる各専攻分野の知識・技術・実践力を有し、柔軟かつ主体的に社会貢献できる女 性を育成する。

食物栄養専攻

栄養士としての役割を理解し、「食」と 「健康」に関する知識・技術と教養を有し、食育の推進と健康の維持増進の担い手となる人材を育成する。

生活文化専攻 情報ビジネスコース

「人」や「社会」から信頼され、幅広いニーズに対応できるビジネス実務能力、ホスピタリティマインド、教養を有し、自ら考え行動できる人材を育成する。

生活文化専攻 情報医療コース

医療現場に対応できる医学の知識、医療人としてのホスピタリティマインド、高度な事務能力と教養を有し、医療サービスの向上に貢献する人材を育成する。

各学科・専攻・コースの3つのポリシー

幼児教育学科 (第1部・第3部)

アドミッションポリシー

● 幼児教育・保育に強い関心を持つ人
● 温かな人間性としなやかな感性、主体性、倫理観、コミュニケーシ ョン能力、高い学習意欲を持つ人

カリキュラムポリシー

●社会に貢献できる保育士・幼稚園教諭の養成カリキュラムを編成する。
●保育に関する多様な専門知識と技術を身につける選択科目を置く。
●保育技術向上を見据えた体験的な学びの講座を置く。

ディプロマポリシー

●子どもの健やかな育ちを支える幼児教育、保育に関する専門的知識、技術を身につけ、保育者として社会に貢献できる能力を有していること。

高等学校段階で履修すべき科目等

● 部活動、学校行事、ボランティア活動等に積極的に取り組み人間性、コミュニケーション機能を高めるよう努めること。
● 本学科での学習に必要な基礎学力(特に、国語力)を身につけること。
● 体育に積極的に取り組み、体力をつけることや健康の維持・増進に努めていること。

生活文化学科 食物栄養専攻

アドミッションポリシー

● 食と健康について関心が高い人
● 本専攻での学習に必要な一定水準の基礎学力を身につけている人
● 栄養士の職を理解し、専門分野で力を発揮する意欲が高い人

カリキュラムポリシー

●実社会で役立つ栄養士養成カリキュラムを構成する
●食に関する高度な専門知識を身につけるための選択科目を置く
●調理技術の向上を見据えた少人数制のフォローアップ講座を置く

ディプロマポリシー

●栄養士としての高度な知識、技術を身につけ、強い意志を持って社会に貢献できる専門的能力を有すること。

高等学校段階で履修すべき科目等

● 基礎的な化学·生物・数学の内容を理解していること。
● 保健体育、部活動などに意欲的に取り組み、健康や運動への興味があることが望ましい。

生活文化学科 生活文化専攻 情報ビジネスコース

アドミッションポリシー

● ビジネスと社会について関心が高い人
● 本専攻での学習に必要な一定水準の基礎学力を身につけている人
● ビジネスマナーとコミュニケーション能力を身につけ、即戦力として社会で力を発揮する意欲が高い人

カリキュラムポリシー

●ビジネス社会で役立つビジネス実務・情報処理のカリキュラムを構成する
●ビジネス・情報処理に関する専門知識を身につけるための選択科目を置く
●職業意識を高めるための実践的な学びの講座を置く

ディプロマポリシー

●ビジネス実務を身につけ、コミュニケーションスキルを持って社会に貢献できる専門的能力を有すること。

高等学校段階で履修すべき科目等

● 日々の生活の中で、ビジネスについて興味、関心を高めること。
● 簿記、情報、英会話、秘書などの知識や興味があることが望ましい。

生活文化学科 生活文化専攻 情報医療コース

アドミッションポリシー

● 医療とホスピタリティについて関心が高い人
● 本専攻での学習に必要な一定水準の基礎学力を身につけている人
● 医療秘書・医療事務の知識や接遇を身につけ、医療現場で力を発揮する意欲が高い人

カリキュラムポリシー

●医療現場で役立つ医療秘書・事務のカリキュラムを構成する
●医療秘書・事務に関する専門知識を身につけるための選択科目を置く
●医療現場の現状を把握するための実践的な学びの講座を置く

ディプロマポリシー

●医療秘書・事務の知識、技術を身につけ、ホスピタリティの心を持って社会に貢献できる専門的能力を有すること。

高等学校段階で履修すべき科目等

● 日々の生活の中で、医療やホスピタリティについて興味関心を高めること。
● 簿記、情報、英会話、秘書などの知識や興味があることが望ましい。