Story

Story

Vol.6

栄養士
現場で役立つ
実践的なスキルが
自分を支えてくれました。


栄養士
日の本保育園勤務(四日市市)

野村 泉帆さん Izuho Nomura
生活文化学科 食物栄養専攻(平成19年度卒業)



学生時代は、「食に関わる仕事がしたい」という曖昧な目的しかなくて。具体的に何をしたいのか明確でないまま卒業し、不安もありました。数年はさまざまな現場を経験し、自分のやりたいことを模索する日々。そこで私を支えてくれたのは、実習で学んだ大量調理の技術です。職場によっては1日に250食もの食事を作るため、最初はもう大変(笑)。それでも投げ出さずに頑張れたのは、実践的なスキルが備わっていたからだと思います。「食べる人と距離の近い仕事がしたい」。それが自分なりに見つけた答えで、保育園での仕事を選んだ理由です。次の目標は、献立作成や栄養指導ができる管理栄養士。文教女子の卒業生向けの国家試験対策講座も活用しています。