学生VOICE

在学中の挑戦

「表現」の発表や幼稚園実習など
実践を重ねて大きく成長

文教女子の学びは、保育の現場で役立つ知識やスキルを実践的に身につけられるのが特徴です。附属幼稚園の実習では、リズムに合わせて皆で手をたたく場面があり、教える難しさを感じましたが、子どもと触れあう楽しさも実感しました。普段の授業でも、手遊びやパネルシアター、ピアノの発表など人前で発表する機会が多く、無事やり終えた後は大きな自信につながります。一方、文教女子の先生は、指導に熱心で学生想いな方ばかりです。今後は幼稚園や保育所などの実習が増えますが、先生方の手厚いフォローがあるので安心して臨めます。これからも保育の現場でさまざまな経験を積み、子ども一人ひとりの気持ちに寄り添う保育者を目指したいと思っています。

幼児教育学科 第1部 1年
塚本 夕菜さん

在学中の挑戦

子どもを笑顔にする
ピアノや読み聞かせの技術を修得

乳幼児の発達に関する学びのほか、ピアノや読み聞かせなど、保育に必要な技術を修得します。また、1年次の頃から附属幼稚園での実習を経験。授業で学んだ手遊びなどを試しながら子どもたちと触れあう機会も多く、勉強になります。私は音楽を通じた保育に興味があるため、ピアノレッスンの「子ども音楽ⅠA」は特に力が入りました。弾きながら歌うことは難しいですが、多数用意された個室で自主練習ができ、少しずつ実力がついていき、とても楽しいです。

幼児教育学科 第1部 1年
渡辺 ゆりあさん

在学中の挑戦

保育実習などの実践的な学びを通し
子ども目線で考える力が養われました

1年次と比べて、保育所での実習や、「障がい児保育」など実践的に学ぶ機会が増え、子どもの目線で考える力が身につきました。特に印象的だったのは「保育実習指導Ⅰ」で使う、ペープサート(紙人形劇)やパネルシアターの制作と発表です。他の人の作品を見ることで子どもが喜ぶアイデアや発想も広がり、保育者としての成長につながっています。卒業までになるべく多くの保育知識を得て、現場で役立たせたいと思っています。

幼児教育学科 第3部 2年
坂元 郁予さん

卒業生VOICE

卒業後の挑戦

子どもの成長に立ち会える
やりがいの大きな仕事

0・1歳児のクラスを担当しています。園全体の3割は外国籍の子どもたち。「clean up お片付けだよ」など文教女子で学んだ保育英語を思い出しながらコミュニケーションをしています。また、文教女子で修得したエプロンシアターや手遊びも保育に活かすことも。あわただしくも子どもたちの笑顔に囲まれ、毎日が充実しています。保育士は、子どもの命を預かるという責任を感じながらも、子どもの成長に立ち会えるやりがいのある仕事だと感じています。

茶屋こばと保育園勤務
井戸田 みくさん
(平成29年度卒業)

卒業後の挑戦

文教女子で得た知識を土台に
子どもたちの健康を守る

高校の頃にボランティアで通っていたこの幼稚園に就職。年長組・32名のクラス担任として働いています。子どもたちが健康で安全に過ごせるように、文教女子で学んだ怪我や感染症の知識は、保育の現場でとても役立っています。この仕事のやりがいは、子どもの笑顔が見られること。季節ごとのいろんな行事を通して頑張る子どもたちと喜びを共有でき、本当に幸せです。これからも多くの経験を積み、保育士として子どもたちの成長を見守りたいです。

愛知文教女子短期大学附属第一幼稚園勤務
小﨑 双葉さん
(平成28年度卒業)